NYダウの1000ドルを超える大幅安を受けて日経も一時1500円安の場面もあるえらい相場になりました。NYダウについては去年からずっと気持ち悪いくらいの上昇をしてたわけですが、こういう形で反動が出てきたようです。メディア的には史上最大の下げ幅と騒いではいますが、リーマンショックを体験した人たちからすれば、%で言えばそれ程ビックリするような下落でもないなと思う状況ではあると思います。あの時は平均株価で5%以上の下落が月に何度もあったりしましたからね。今回の下落のきっかけは米景気回復を受けての金利上昇懸念によるものなので、金融危機になった訳ではなく、スピード調整して通常の相場に戻るのかなと思います。ただNY市場の水準的にはいまだ高値圏にあって、相場はなかなか思うようにいかないものと考えると、この先日経2万円の大台割れくらいのシナリオも描いておいた方が無難かとは思います。

さてデイトレですが、2385総医薬、2743ピクセル、2928RIZAP、3267フィルカンパニー、3687フィックスター、3791IG、3993PKSHA、4586メドレックス、4592サンバイオ、6467ニチダイ、6622ダイヘン、6629テクノHR等を売買しました。
結果は通常よりもいろいろやった割にはロスカットもあって収支は伸びませんでしたがトータルではプラスで終えられました。ノーポジで迎えた朝だったので持ち越しのしないトレーダーにとってはチャンスだったのですが、寄り安にはならず更に下落する展開だったのでロスカットも多くなりました。

今晩のNY市場がどんな展開になるのかが気になるところです。個別は出来高の大きめな新興銘柄を中心に見ときたいと思います。