日経は2万円を回復する場面もありましたが、小幅高で相変わらずの状況でした。一方で新興マザーズ指数は4%近い本格的な下落になってしまい、見ている個別銘柄も大幅安のものが続出していました。これだけ下落すると近いうちに大きな反発がありそうですが、先の地合いが心配な感じになってきました。

さてデイトレですが、5660神鋼線、4563アンジェス、6731ピクセラ、4770エルミック、3758アエリアを売買しました。結果は、きつい下落にロスカットもありましたが、利食いの方が多くプラスで終えられました。
神鋼線の朝一のバタバタした動きで10円抜きできたのが大きめな利益になりました。

3758アエリアは出来高を伴った下落で目立っていました。昨日の引け後に上期の業績見込みが発表になって材料出尽くしの動きになったようです。個人投資家に最近人気の銘柄だったので、マインドの冷え込みが心配な感じです。この銘柄にしては、かなりの大商いを維持して引けているので、引き続き動きそうかな。

出来高を伴っての下落では4563アンジェスも目立っていました。株価は大幅下落でしたが、突っ込みどころをうまくINすればリバウウンドが大きい場面も多かったので、値幅取り妙味のある動きだったように思います。個人的にも、突っ込みどころをINしては細かく刻んでトータルではプラスでした。

明日も新興銘柄中心に動きそうなので、臨機応変に対応していきたいと思います。