金融政策決定会合の結果を受けた動きは株も為替も大荒れでしたね。高値から安値まで日経で1000円オーバーも下落するとは。高値圏にいたので、どのような結果であれ下落するような気がしていたのですが、ここまでの値幅はビックリしました。衝撃が大きかったのか現在、夜間市場では更に200円程も安く、16300円どころはそろそろリバウンド狙いで少し買ってみても良い水準まできている気もします。ただ日本はGW入りで動きにくい感じですね。

マザーズ指数もこの日経のショック的な動きを受けて突っ込みました。けど下げ幅を縮めて終えてるし、まだ強い日がありそうな気がします。

さて個別ですが、地合いが急激に悪化してしまいましたが、小型株にはS高銘柄もそこそこあって、デイトレする環境としては悪くない感じに思います。

4594グリンペプは昨日の強さから一転して弱い動きになってしまいましたが、相変わらず出来高を伴って激しい乱高下をしていました。大幅安になりましたが、値幅取り妙味はかなりあったように思います。
3932アカツキ、3624アクセルマークあたりもかなり乱高下は激しく引き続き面白そうな感じです。

3月のIPOで6187LITALICOが本日S高と良い動きになってきました。上場来高値を更新し、出来高も膨らんできたので面白そうになってきました。3933チエルも25日につけた直近高値を更新して引けているので、今後の展開が楽しみです。

他、3264アスコット、2459アウンコンサル、4777ガーラ、8462フューチャーVC、4565そーせい、6176ブランジスタ、3914ジグソー等も見たいと思います。