昨日はブログ更新をお休みしましたが、相変わらず16000円を挟んでのもみ合いが続いてますね。中国株が急落しましたが、今日のところはあまり影響は出ていないようでした。為替が昨日深夜に日経が15000円割れした時と同水準の111円近くまでありました。急速に戻したのでとりあえずは2番底を形成したと考えます。この先はじりじりと円安で日経も17000円に戻るような無難なシナリオを考えているのですが、どうでしょうかね。
個人的には日経下落時に逆張りで買った先物の買いポジは少量だけはずっと持っているため、いい加減上昇してもらいたいものです。

さて個別の注目銘柄ですが、見ている銘柄の高安はまちまちでした。

3928マイネットは昨日の6000円超えを高値に大きく崩れてしまいました。けど、かなりのボラで乱高下しながらの崩れだったので、デイトレーダーにはありがたい値動きだったように思います。後場に特売りからスタートして、前場より500円も安い水準でのスタートになりましたが、その後は300円幅でリバウンドがあったりと、崩れの中でも大きなチャンスがいくつもありました。
明日は売り一巡後は戻りの動きもありそうかな。4000円あたりの窓埋め水準では買いも多くなりそうな気がします。

8732マネパは2日連続のS高で出来高も急増してきました。金融庁が仮想通貨の法規制案を明らかにしたようで、ビットコイン関連銘柄として買われているようです。明日は乱高下が予想されますが、昨日やはりビットコイン関連株としてS高で終えていた3696セレスや3691リアルワールドが崩れてしまってるのは気になるところです。新たな材料株としてフィンテック関連のように育ってくれればありがたいんですけどね。

6753シャープは台湾企業による買収案決定を受けての乱高下が凄かったですね。普段の値動きでは面白くないですが、これだけ動けば1円抜きでも収益率は良いので狙いにいきたいところです。