30取引したのは4321ケネディクス、4576DWTI、2931ユーグレナ、3765ガンホー、4585UMN、6072地盤ネット、4571ナノキャリア、8473SBI、2395新日本科学、2191テラ。

今日はほぼフルタイム見ていたのだけど、利益のほとんどは前場に出し、後場はあまり収支は伸びなかった。値動きに期待していた3765ガンホーが先週末と比べると止まってしまった感じだったし、2931ユーグレナは後場からS高付近での小動きになってしまって、INしにくかった。


高値圏銘柄を多く取引していたので、ロットも値幅も控えめに刻んだ。ボラの急変を視野に入れて取引してると、安易に大きく入れない。細かいロスカットは少しあったけど、無難に終えられた。

画像は本日の清算表の一部です。(本日分全取引の4分の1程度、口座残高の分かる部分をアップしています、日付は受け渡し日で入っています)

本日の収支は+424000円、運用資金に対して+8.5%でした。
(今年200万元手でスタートし、出金合計600万、現在の口座残高543万、今年収支+943万)

今月の収支は+426万でした。
4月スタート資金417万⇒4月11日出金300万⇒現在口座残高543万
4月11日に−143万、4月23日に−93万と計236万負けたのに、結果的には月利で倍に回せてる。おそらく信用の規制緩和がなかったら、取引したくても余力がなくて入れない状況なので、月利100万もいってないように思います。
現在は300万程度の資金で取引してても片道1億5000万くらい建ててるので、制度変更前で5000万くらいの資金運用をしているのと同じような量の取引ができています。
違うのは、リスク管理がしやすくなったということです。もし口座に5000万入っていると、個人的には調子に乗るタイプなので、1銘柄に1億以上の資金を入れたりして、500万くらい負ける日も出たりします。
しかし300万の資金で取引してればフルレバで1000万建ててても500万も負けることはそうそうありません。
そんな感じで、個人的には相場環境が良い意外にも、今年からは出金することによってリスク管理もしやすくなっています。
現在、信用余力が1700万を越えてきているので、銘柄によってはそんなにロットが入れない(基本板1枚分くらいしかINしたくない)ので、出金しないと来月からは利回りは落ちると思います。

年初200万のスタート資金は現在1143万となりました。(出金600万をしなかったと仮定)

【PR】今年から規制緩和。信用余力無限回復でデイトレにチャンス!
株取引をスタートするならGMOクリック証券。デイトレするのに手数料は重要な問題。こちらは手数料の安さがダントツ!僕の今使っている証券会社はデイトレなら安いのですが、もし持ち越した場合は高額な手数料になるので、初心者の方にはこちらがオススメです。

←人気ブログランキングに登録しました。皆様のクリックを宜しくお願いします。
株式 ブログランキングへ