2016年09月

 
BNF13の極秘売買手法を動画とテキストに無料でまとめました。

株之助もブログランキングに参加しています。
↓のバナーをクリックして応援宜しくお願いします!

デイトレ注目銘柄

出かけていたので更新遅くなってすみません。
重要イベント通過で為替は円高が進んでしまいましたが、株は高値水準を保ちましたね。どうしても為替は円高方向に動きたがっているようで、株にとっては良い環境ではないと思うのですが、来週も新たな金融政策の導入効果が続くのかが気になるところです。新興マザーズ指数は3%近い上昇幅になりましたので、この流れが続くことに期待したいです。

さてデイトレですが、3912モバイルファクトリー、5724アサカ理研、2656ベクター、4582シンバイオ、6533デジタルを売買しました。
結果は取ったり取られたりでかみ合わず、トータルでは前日比ほぼ変わらずの収支でした。

朝方はいまいちやる事がない感じで見ている時間が長かった感じですが、引けてみるとマザーズ指数は高く大幅高銘柄もいろいろ出て終えてるので、来週の始まりはいろいろ動きそうかな。

4582シンバイオはノーベル賞関連として出来高急増でのS高で引けました。同社のシニアアドバイザーがノーベル化学賞候補と伝わっているようです。他にも出来高は少ないですが、バイオ関連銘柄が上昇していて、10月3日からのノーベル賞発表が近づくにつれて関連銘柄がもっと動いてくると良いですね。

6079エナリスはKDDIとの提携発表からじりじりと上昇が続いていて、金曜日はKDDIからの役員を迎え入れることを材料に、大きく年初来高値を更新しています。昨日引け後に東証が特設注意銘柄指定の解除を発表していることから週明けは大幅高でのスタートになりそうかな。けどここまでかなり上昇してきているので、目先の材料出尽くし感からの寄り天にも警戒したいところにも思います。

来週は新規公開株が6銘柄控えています。今月の新規上場銘柄の感じでは地合いもあって大きな祭りになる感じはないですが、小型株好きなトレーダーにとってはそこそこボラには困らない週になりそうですかね。

他は、6531リファインバース、4657環境管理、3664モブキャスト、5724アサカ理研、3547串カツ田中等も見たいと思います。

デイトレ注目銘柄

日銀の金融政策決定会合の結果を受けて一瞬安い方向に振れる場面もありましたが、引けでは300円を超える大幅高になりましたね。今回の枠組み変更が今日のところは株式市場で好感される形になりましたが、既にこのブログを書いている20時現在では102円台後半までつけた為替がいってこいになっているのは気になるところです。目先筋の注目は今晩のFOMCの結果発表に移っている感じですかね。

さてデイトレですが、6533デジタルアイ、4080田中化研、6619ダブルスコープ、7018内海造船、3939カナミックを売買しました。
取引結果は、取ったり取られたりでしたが利食いの方が多くトータルでは何とかプラスで終えられました。

6533デジタルアイは昨日S高で終えていたので見ていました。直近IPOの中では今日はこの銘柄が高値圏での乱高下で一番まともな動きをしていたように思います。個人的にもこの銘柄を今日一番売買していたので、長続きしてほしいところでしたが、引けでは売られてしまいました。
他の直近IPOは昨日かなり乱高下していた3939カナミックは良いとこなしの大幅安になってしまったし、先週金曜日には賑わっていた3547串カツ田中も出来高激減の続落とデイトレ妙味のない値動きになりつつあるのが寂しい感じです。

全体的に値動きがいまいちでやりにくい相場が続きますが、4563アンジェス、1408サムシングHD等、また日替わりで大幅高のものが出てきているので、動いているところでの値幅取りを狙いたいと思います。

デイトレ注目銘柄

連休明けの日経は上下の振れ幅は200円近くあったのですが、終わってみればほぼ変わらずでした。今週はあと2営業日しかないですが、明日の日銀金融政策決定会合とFOMCの結果発表を受けて上下どちらに振れるのか気になるところです。

さてデイトレですが4779ソフトブレーン、3939カナミック、3547串カツ田中を売買しました。
取ったり取られたりでしたが、トータルでは利食いの方が多く、何とかプラスで終えられました。

直近IPOの3939カナミックが高値圏での乱高下で目立っていました。値動き的には高値を取りに行くかと思えば騙しですかさず下落するようなえげつない値動きを何度もしていましたが、そのような値動きもこの銘柄の特徴と考え意識しながら売買していました。それにしてもこの銘柄のボラは凄いですね。朝一のちょっとした時間でも株価9500円あたりから8500円割れまで極短時間で下落してるし。
個人的には何度もINしましたがボラが大きいために買えた瞬間に想定外の含み損になる場面もあったり。臨機応変に動ける小ロットでやるべきです。

先週末に出来高を伴って盛り上がっていた3547串カツ田中は値動きに乏しく反落になりました。強いものなら今週中にも再び大幅高の日がありそうですが、このまま出来高がじり貧になると、ダラダラとどこまでも下げそうな感じです。

他は、6533デジタルアイデンティティ、7018内海造船、9127玉井商船、4657環境管理、4080田中化研、6619ダブルスコープ等、大幅高で終えているので、注目したいと思います。

デイトレ注目銘柄

出かけていたので更新遅くなってすいません。
日経はようやく反発の動きになりましたね。NY市場はここ1週間乱高下してましたが、株価水準としては大きくは動いていません。為替も方向感のない動きが続いているし、日経もまた先月のように16500円を意識した動きが続くのでしょうか。

さてデイトレですが、3791IGポート、3547串カツ田中、2656ベクター、4779ソフトブレーンを売買。
取引結果は、朝方に大きめなロスカットがあって、コツコツと取り返して終了となりました。

3791IGポートが前日S高で終えていたので見ていました。期待していた値動きですが、気がつけば前日比10%も下落する期待外れの展開になってしまいました。けど後場は下げ止まりの動きになっていたし初押しでもあるので週明けはまた出直る可能性もあるのかなと思います。
個人的にもこの下落に少しつきあってしまい、ロスカットになりました。

ここにきて新規公開株に資金が入ってきていて面白くなっています。
3547串カツ田中は売買代金で100億も超え、ボラも大きく値幅取り妙味のある動きになっています。他も、3939カナミックが後場から急騰し出来高も急増してきたので来週も面白そうです。

金曜に新規上場した3940ノムラシステムは株価は下落しての引けとなってしまいましたが、時下総額25億円と超小型のIPOの割にはかなり出来高が膨らんでいました。新興地合いがいまいちなので、IPOラッシュでもあまり期待していなかったのですけど、今のところ予想以上に資金が入ってきてる感じです。今月はもう営業日が少ないですが、月末のIPOにも期待したいところです。

デイトレ注目銘柄

日経は200円を超えるけっこうな下げになりました。11時あたりに101円台をつけた円高も14時には102円50銭あたりまで戻したのに株は安値のままでしたね。連日の日銀によるETF買い入れも効かなくなってきて、失望売り圧力の方が強くなってきてしまった感じか。16000〜17000のレンジ相場が長いですね。

さてデイトレですが、2656ベクター、7018内海造船、3547串カツ田中、6378木村化、3912モバイルファクトリーを売買しました。
最近には珍しくロスカットが殆どなかったので、小幅利益の積み上げで無難に終えられました。

2656ベクターは昨日ほどではなかったですが、引き続きかなりのボラで動いたので、値幅取りチャンスも多く感じました。個人的には珍しく朝一のバタバタで30円幅も抜けるトレードがありました。通常は10円幅では喜んで利食いしてしまうので、ラッキーなボラでした。

直近IPOでは3547串カツ田中が良い値動きでS高引けとなりました。時価総額で80億程度の小型株の割には、けっこう出来高が膨らんでいるなぁという印象でした。明日の値動きにも期待したいところですが、IPOならではの急落もありえるので、気をつけたいところです。

他は、3791IGポートが新作VRコンテンツの製作決定のIRからS高まで飛ぶ動きで出来高も急増しました。引け間際の値動きを見てもかなり不安定ですが、値幅取りチャンスがあればやりたいと思います。

3メガバンク、SBI、GMO等が株主で安心です。ビットコイン始めるならビットフライヤー。僕も取引しています。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
株之助 新作トレードDVD
傘袋サービス機
傘袋サービス機
広 告 募 集 !
広告出稿希望・取材・ブログの
ご感想等の連絡は
下記よりどうぞ。
※すべてにご返信できる訳では
ございませんので
あらかじめご了承ください。

toiawase@kabunosuke.net
DARK MATTER
DARK MATTER
株之助の推奨ソフト!
動いている最中の銘柄を抽出
広告例
株之助の紹介
株之助紹介
株之助 twitter
QRコード
QRコード
留意事項です
■当サイトのブログに関しては株之助が個人で運営しています。
■悪質な誹謗中傷、差別的発言等の書き込みは禁止します。
■個人情報の書き込みは禁止します。個人情報を書き込んだ際の責任は負いかねます。
■投稿(トラックバック等)は投稿者の許可なく変更または削除される場合があることをご了承下さい。
■当サイトにて提供する内容につきましては、その正確性・安全性等を当方が保証するものではありません。また、投資に関する最終決定は利用者ご自身の判断でお願い致します。そのため、当方は、利用者が当サイトの情報の利用により損害を被ったとしても責任を負いかねますのでご了承下さい。
■当サイトからリンクされているサイト(以下、「リンク先サイト」といいます。)について、その掲載情報の正確性、合法性等を当方が保証するものではありません。万一、リンク先サイトの利用につき問題が生じた場合、その責任はリンク先サイトが負っていますので利用者ご自身の責任で対処してください。
  • ライブドアブログ