元手160万から数年で300億の資産を築きあげたBNF13の極秘売買手法を動画とテキストに無料でまとめました。

株之助もブログランキングに参加しています。
↓のバナーをクリックして応援宜しくお願いします!

デイトレ注目銘柄

先週末は為替が106円台前半とビックリするくらい円高が進みましたね。これを受けて日経も一時は16000円割れと先週の17500円台は何だったんだ?と思うような水準にまで急落してきました。ここからの3連休に海外市場と為替がどうなるか気になるところですが連休明けに更に下に大きく突っ込むようなら、スイング目的でのポジションを作っても良い水準に思います。結局今年の日経は上18000円〜下は15000円までのレンジ相場かな。
この地合いの中でも本日のマザーズ指数はプラスで終えました。引き続き新興は強いようで、次に日経が高い時は一緒に大幅高する可能性もあるのかなと思い見ています。

さて個別ですが、地合いは悪いですが高いものを中心に売買しました。
3月IPOの6187LITALICOが先週S高で終えていて、今日も14時過ぎまではS高近くまで買われる大幅続伸になっていました。14時半過ぎから崩れてきたら、3連休前の換金売りも膨らんでか、えらく安いところで引けました。けど、投げたい人は投げた感じもあるので、よっぽどの地合いの悪化がなければ連休明けは再び買われそうな気もします。
もう一つの3月IPO3933チエルも上場来高値を本日更新してのS高で終えました。こちらも株価の上昇と共に出来高も大きくなってきたので楽しみです。

6176ブランジスタも再び最高値を更新してきました。新作ゲームのネタだけでここまでの相場になっているのが凄いのですが、一体どこまで買われるんでしょうね。高値圏なので突然の下落も視野に入れながら手がけたいと思います。

他は3690ロックオン、3698CRI、4594グリンペプ、2158UBIC、3932アカツキ、3624アクセルマーク等も見たいと思います。

【PR】デイトレードやスキャルピングをやる人には、僕も利用している松井証券一日信用取引をお勧めします。
手数料0円、金利0〜2%だから試してみる価値がありますよ。
僕は松井証券のプレミアム空売り(他社で空売り出来ないような銘柄が空売りできるサービス)も気に入っています。

デイトレ注目銘柄

金融政策決定会合の結果を受けた動きは株も為替も大荒れでしたね。高値から安値まで日経で1000円オーバーも下落するとは。高値圏にいたので、どのような結果であれ下落するような気がしていたのですが、ここまでの値幅はビックリしました。衝撃が大きかったのか現在、夜間市場では更に200円程も安く、16300円どころはそろそろリバウンド狙いで少し買ってみても良い水準まできている気もします。ただ日本はGW入りで動きにくい感じですね。

マザーズ指数もこの日経のショック的な動きを受けて突っ込みました。けど下げ幅を縮めて終えてるし、まだ強い日がありそうな気がします。

さて個別ですが、地合いが急激に悪化してしまいましたが、小型株にはS高銘柄もそこそこあって、デイトレする環境としては悪くない感じに思います。

4594グリンペプは昨日の強さから一転して弱い動きになってしまいましたが、相変わらず出来高を伴って激しい乱高下をしていました。大幅安になりましたが、値幅取り妙味はかなりあったように思います。
3932アカツキ、3624アクセルマークあたりもかなり乱高下は激しく引き続き面白そうな感じです。

3月のIPOで6187LITALICOが本日S高と良い動きになってきました。上場来高値を更新し、出来高も膨らんできたので面白そうになってきました。3933チエルも25日につけた直近高値を更新して引けているので、今後の展開が楽しみです。

他、3264アスコット、2459アウンコンサル、4777ガーラ、8462フューチャーVC、4565そーせい、6176ブランジスタ、3914ジグソー等も見たいと思います。

デイトレ注目銘柄

FOMCと日銀の金融政策決定会合を控えて小動きでした。まずは今晩深夜に発表されるFOMCを受けてNY市場がどうなるかで明日の様子が変わりそうです。
昨日大幅安になったマザーズ指数は反発の動きになりました。昨日の安値を一旦の底と考え、もし再び売り込まれるなら弱いと考えた方が良いようにも思います。

さて個別ですが、4594グリンペプは3日大幅続落になっていましたが、今日はS高まで買われて大反発になりました。明日ももう一段高ありそうな感じですが、下落分の半値戻しあたりでは頭が重い感じになってくるのではと思います。

3624アスコットは中国平安グループの傘下に入ることが材料視されていて2日連続のS高になりました。もし去年の7月につけた高値344円を抜けると8年ぶりの高値になるだけに展開が気になるところです。けど短命で終わるものも多くなってきてる感じなので気をつけたいところです。

他は、2459アウンコンサル、3624アクセルマーク、8462フューチャーVC、3932アカツキ、1435インベスターC、4565そーせい、6176ブランジスタ、2303ドーン等も見たいと思います。

【PR】デイトレードやスキャルピングをやる人には、僕も利用している松井証券一日信用取引をお勧めします。手数料0円、金利0〜2%だから試してみる価値がありますよ。
僕は松井証券のプレミアム空売り(他社で空売り出来ないような銘柄が空売りできるサービス)も気に入っています。

デイトレ注目銘柄

日経は続落になりました。週末にFOMCと日銀の金融政策決定会合が続くことからどちらに振れるのか気になるところです。日経は直近での高値圏にいるので、下落しそうな気がしています。仮に一時的に大きく買われる動きになってもそれが一旦の天井になるようなイメージをしています。

マザーズ指数はけっこうな下落幅になりました。10%を超える大幅安銘柄も多くなる状況でこの先が心配な感じではあります。けど今までの上昇幅が大きいので、本格的な崩れになる場合はもっとS安銘柄も続出するイメージでいるので、近いうちにまた大幅反発する可能性もあるのかなと思い見ています。

さて個別ですが、8462フューチャーVCは前日は寄らずのS高になっていたので注目していましたが、寄りからの出来高を伴っての乱高下が凄かったです。昼ごろに一旦大きく崩れたのですが、後場は大きく値を戻しての高値引けしていることから、明日も引き続き面白そうに思います。去年の終わりごろから今年の初めまでかなり盛り上がった銘柄ですが久しぶりの戻り相場ですね。

7527システムソフトは更なる盛り上がりに期待していたのですが、今日は一転して特売りからのスタートで一時はS安まで売られる弱さになってしまいました。明日はここから下げ止まるのか短命で終わるパターンなのかを見たいところです。

他は3624アクセルマーク、3690ロックオン、3936グローバルウェイ、4565そーせい、3914ジグソー、6134Hamee、3264アスコット、4594グリンペプ、2303ドーン等も見たいと思います。

デイトレ注目銘柄

日経は小反落になりましたね。先週あれだけ強かったので、調整も必要な状況です。目先は日銀の金融政策決定会合を受けての値動きがどうなるのか気になるところです。
マザーズもここにきて頭が重たくなってきた感じもあります。今までかなり強かった銘柄に崩れが多くなってきてますがどうなるでしょうね。

さて個別ですが、4565そーせい、4594グリーンペプ、3932アカツキ等、今までマザーズの中でも人気の高かった銘柄が崩れてるのが気になるところです。

4594グリーンペプは今日も12%もの大幅続落になってしまって、今まで強すぎた反動が出てしまっています。いまだよく動いてはいるので、下落の最中のリバウンド取りを狙うのも良いですが、デイトレは強い銘柄を触ったほうが難易度は低いので、いつまでもこの銘柄に執着しない考えも必要に思います。

7527システムソフトは本日も続伸し、高値圏での動きが続きました。既に4営業日で株価は3倍になって怖い感じもしますが、強いのでまだ上もあるのかな。

6176ブランジスタは、また上場来高値を抜いてきました。子会社のブランジスタゲームの手がけるゲームの全貌が来月27日に明らかになると伝わったことで、また人気になっているようです。板が薄めなので突然の崩れも警戒しながら値幅取りしていきたいと思います。

他は、8462フューチャーVC、3624アクセルマーク、3690ロックオン、3935エディア、4563アンジェス、6182ロゼッタ、6191エボラブルA等も見たいと思います。

DARK MATTER
DARK MATTER
株之助の推奨ソフト!
動いている最中の銘柄を抽出
HIGH/LOW オーストラリア
1000円から取引できるバイナリー・オプション
株之助 新作トレードDVD
KDD株式会社
傘袋サービス機
広 告 募 集 !
広告出稿希望・取材・ブログの
ご感想等の連絡は
下記よりどうぞ。
※すべてにご返信できる訳では
ございませんので
あらかじめご了承ください。

toiawase@kabunosuke.jp
広告例
株之助の紹介
株之助紹介
株之助 twitter
QRコード
QRコード
留意事項です
■当サイトのブログに関しては株之助が個人で運営しています。
■悪質な誹謗中傷、差別的発言等の書き込みは禁止します。
■個人情報の書き込みは禁止します。個人情報を書き込んだ際の責任は負いかねます。
■投稿(トラックバック等)は投稿者の許可なく変更または削除される場合があることをご了承下さい。
■当サイトにて提供する内容につきましては、その正確性・安全性等を当方が保証するものではありません。また、投資に関する最終決定は利用者ご自身の判断でお願い致します。そのため、当方は、利用者が当サイトの情報の利用により損害を被ったとしても責任を負いかねますのでご了承下さい。
■当サイトからリンクされているサイト(以下、「リンク先サイト」といいます。)について、その掲載情報の正確性、合法性等を当方が保証するものではありません。万一、リンク先サイトの利用につき問題が生じた場合、その責任はリンク先サイトが負っていますので利用者ご自身の責任で対処してください。
  • ライブドアブログ